一重のせいで写真がいつも怖い顔に

昔から一重だったのですが、小学校の高学年あたりから一重が目立つようになりました。子供の頃から顔がむくみやすく毎日朝は顔がパンパンで、そのせいで余計にまぶたははれぼったくなり、時々友達に普通の日であっても「どうしたの?目腫れてるよ?」と言われてショックでした。
一重で目付きがわるいせいで、先生にも反抗的だと思われたり、授業中も「眠そうだな?」とか「寝てないで起きなさい」と言われ、友達からも「怒ってるの?」と聞かれるのはいつものことでした。

特に嫌だったのは、集合写真や卒アルの写真撮影で、どれだけちゃんと目を開いて写ったつもりでも、すべての写真がにらんだような顔をしていました。
もちろんにっこり笑うのがいいとは思うのですが、一重だと笑った時に目が閉じてしまって無くなるのが嫌で笑えませんでした。
というのも、幼なじみの友達から「笑うと目なくなるよねー?!なんでー?」と笑われたのがきっかけで、写真などで笑うのがいやになってしまいました。

それに、笑うと余計に目が細くなる上、顔が横に引っ張られる性で頬は大きく見えるし鼻も横に広がって、顔の欠点が全部さらけ出されるのが嫌なのです。
もともと薄い顔で目鼻立ちがはっきりしないため、笑うと余計に鼻も低くなるし、目もなくなるしで可愛いと思えません。
たとえ目鼻立ちがはっきりしていなくても、目が二重でぱっちりだったら周囲の視線も目にいくので、鼻が低いことや、頬が大きいという他の欠点がカバーできると思うのです。
そんなことを考えているため、写真に写るときはなるべく顎を引いて少しでも目がぱっちりになるように努力するのですが、一重まぶたの水平な肉は強固で、どれだけやっても黒目の上半分が隠れてしまいます。
10代の頃からずっとコンプレックスで、大人になって化粧をするようになってもやはり気になります。
確かにすっぴんよりはマシになりますし、それなりに化粧の研究もして目が大きく見えるメイクや、逆に一重がかっこよく見えるメイクなどいろいろ試しましたが、結果はやはりそれなり、と言ったところです。
このまま一生悩みつづけるの?と思うと整形なんかも考えはじめています。
ちょっと調べたら埋没法というダウンタイムのないバレない二重整形があるようです。しかも外人にたいに平行二重にできるんですって!!
このサイトで詳しく書いてますよ!!⇒埋没法平行二重.com