伊丹にある調剤薬局のかかりつけ薬剤師さん

医薬分業が進み、今では処方箋を片手に薬局へという時代になりました。
慣れないうちは「病人なんだから、あちこち振り回さなくてもいいじゃん!」と文句のひとつでも言いたくなったのですが・・・・。

昨年、かかりつけ薬剤師という制度というものを知りました。
私の場合、身体のあちらこちらにガタ来ているものですから、実にお薬の量が半端じゃないのです。
服用している数が、一日に錠剤タイプが29錠と顆粒タイプ3袋と自分自身でも把握しきれないありさまです。
当初は、なんと後発医薬品ではなかったのですが、やはり医療費を少しでも削りたいという思いから変えられるものは後発医薬品へと変えたまでは良かったのですが、今度はお薬の名前が覚えられないのです。
もう、何の治療のために何という名のお薬を飲んでいるのやら理解できなくなってきました。

そんなある日、いつもの伊丹にある精神科のクリニックへ行きました。
そしていつものように処方箋をもらったのですが、その日は用事があったのでいつも行く薬局とは違う、用事のあった伊丹駅の近くの調剤薬局へ行きました。
そこで処方箋を持参したときに私の目に付いたのが「かかりつけ薬剤師」という制度だったのです。
どうやらこの制度では、かかりつけ薬局の中でどなたか1人薬剤師さんを選び、その薬剤師さんが「処方医と連携して、患者の服薬状況を一元的・継続的に把握したうえで、服薬指導を行う」というものらしいということでした。
具体的な役割として、処方医と連携して安心安全な薬物治療を提供すること及び他の医療機関や薬局で処方されたお薬・購入した医薬品や健康食品についても飲み合わせなどを確認してくれるということでした。
それに加えて、たまたま伺ったこの薬局だけなのかそうでないのかまでは分からないのですが、緊急対応として24時間電話がつながるという万全の体制がとられているらしく、なんと「緊急で病院に搬送されたときには、搬送先の病院へ服薬指導を行いますよ」と、ありがたいお言葉をいただいたものですから、相談しやすい薬剤師さんをご指名し、同意書を作成いたしました。

もちろん、この制度を利用するためには「かかりつけ薬剤師指導料」というものを支払わなばならないのですが、金額にして1回につき70円程度。
お薬は生命にかかわるものでもありますから、70円で安全安心が買えるとなれば安いものですよね。
しかも、毎回同じ薬剤師さんに担当していただけることで、新薬の情報や副作用発現率や薬の依存性などについての情報を随時提供していただくことができ、本当にありがたいのです。
これならば、処方箋片手に薬局へ向かう足取りも軽くなりますよね。

まだ、この制度を利用し始めて半年なのですが、いつもの行く薬局のかかりつけ薬剤師さんとは非常に関係です。
この薬剤師さんは、わたしがこの制度を知った頃にちょうどこの調剤薬局へ薬剤師求人伊丹で転職してきたそうなのですが、話もしやすい薬剤師さんなので、このまま良い関係が続けばいいなと思うのであります。

フェイスブックを持っていない友達が婚活サイトで無事にマッチング!

私の友達は今、婚活中です。
この前まで元彼のことを引きずっていて、なんだか婚活には前向きにはなっていませんでした。

ですがちょうどこの前、元彼のことを吹っ切ると言って婚活をがんばるようになりました。
こちらの婚活サイトに登録したと聞きました。
<<http://xn--68jub7kao3cxb9a4f0b5ipa0729khi7b.xyz>>
フェイスブックをしていない友人でしたが、こちらの婚活サイトはフェイスブックが必要のないサイトのようでした。

後日聞くと、登録した婚活サイトで無事にお相手の方とマッチングしたという連絡をもらいました。
マッチングした人は、同い年の人だそうです。
婚活サイトなどでは、年が近い人となかなか出会えなかったようですが、偶然にも同い年の男性とマッチングできたなんて、とてもすごいことだと思います。
友達は、とても優しい子で、美人なので、しっかりと婚活に取り組めば、すぐに相手が見つかるのは想像付いていましたが、やはり、すぐに見つかってよかったと思いました。

この前、一緒に食事に行ったそうです。
とても緊張したと言っていました。

ですが、その緊張というのが、とても初々しくていいなと思います。
やはり、どんな恋でも、出会った人と何度か会っている間、とても緊張するものです。
緊張するということは、友達がそのマッチングした人のことを意識していて、恋をしているということなので、このままうまく行ってくれるとうれしいなと思います。
その友達はもう料理もばっちり出来ますし、お菓子作りも上手なので、結婚が決まればとんとん拍子で結婚生活もうまくいくと思います。

その友達の結婚式に呼ばれることもあるかなと思い、これからが楽しみです。

最近は、月一回くらいのペースで婚活サイトや婚活パーティへの参加を友達は予定していたので、そのようにやる気を出せば、婚活はしっかりと実るんだなと思います。
相手の男性もまじめな人みたいで、お互い長文のラインを送っているそうです。

性格も合っているみたいなので、これからどうなっていくかまた友達に聞いてみて、楽しみが増えたら良いなと思います。
婚活というのは大変なものですが、うまくいくのが分かるととても楽しいものです。

産後のおっぱいケア、骨盤ケアもばっちり

私が息子を出産した今日のにある産院は、おっぱい外来が有名なところです。
そこには、ゴッドハンドを持つと言われる助産師さんがいらっしゃいます。おっぱいの調子が悪いなあと思って病院に電話すると、おっぱい外来に予約が取れます。馴染みになると、助産さんに直接お電話して予約を取る方も!この助産師さんは3人の子供を持つお母さんで、おっぱい外来なので日勤で働かれているんです。先輩ママとして色々相談にのってもらえることも人気の一つなんでしょうね。【看護師 求人 京都 日勤】

診察なしで直接おっぱい外来に行けるのでとっても気軽です。私はいつも上の子も連れていくのですが、キッズスペースもあるし、待合室にいるお母さん同士で子守りしあうので、安心して施術を受けられます。おっぱいマッサージって痛いイメージがあるけど、全然痛くなくてむしろ気持ちいいです。そして、施術を受けたあとはふっわふわのおっぱいになります。赤ちゃんも美味しそうにごくごく母乳を飲んでくれます。約30分ほどマッサージしてくれ、そのあと食事やおっぱいのあげ方などいろいろなアドバイスも頂け、一回の施術1500円です。すごくお手軽ですよね。

助産師さんは気さくな方で、私はおっぱい外来に行くたび、「今度はなに食べたのー??」とからかわれます。私の場合はたいてい乳製品を食べ過ぎるとおっぱいトラブルになります。助産師さんはすべてお見通しで、施術してもらうとドロドロ母乳がさらさらになります。色もきれいな半透明になります。 乳房の底にこびりついた母乳も絞り出してくれるので本当にすっきり軽くなります。まさに神の技です。そして、帰り際にもにも「甘いもの、チーズ、食べ過ぎないんだよー」と声をかけて下さいます。それもまた、お母さんに言われるみたいで心地よいです。

最近、おっぱい外来の他に隣のお部屋で理学療法士さんによる骨盤ケアも始まりました。一時間ほどマッサージや体操で全身のバランスを整えてくれて骨盤ベルトの付け方なども教えて下さいます。こちらも一回1500円です。とてもコスパがいいですよね。産後ママたちの強い味方です。うちの息子たちもおっぱい病院が大好きです。

顔ミキビに続いて背中ニキビに悩まされました

夏が過ぎ汗をかくことも少しは減り、ニキビも出来にくくなってきたと思いがちですが全くそうではなく、危険は続いています。

段々寒くなり風邪が流行してくる今時期。
私の家には1歳の息子がいて保育園に通っていますが、よく風邪をひいたりもらってきます。
どこから何回貰ってくるのと言ってしまうほど風邪をひき、2ヶ月連続でひいているときは私も危険に感じてずっとマスクをつけていました。

何故か子供は親の顔に向かって咳をするのでマスクは不可避になり、長いこと着けないといけなくなると枚数も結構使ってしまいます。
そうなるとケチったり面倒で汚れていなければ、ついつい同じマスクを何日も連続で使ってしまいます。
そうなるとマスクにはスゴイ数の菌が増殖して、とても衛生上良くない状態になっていました。
マスクは鼻から顎まで覆い被さるタイプで、明らかに肌によくない菌が一番突出している顎や鼻先に集中してしまっていたのでマスクが外せる時期には真っ赤に腫れてニキビが目立ってしまっていました。

マスクをしているときから何か触ると痛い感覚はありましたが、外せなかったので気のせいと思っていましたが、外れてから事の重大性に気が付きました。
鏡で自分を見てとても見た目が恥ずかしいの一言でした。
顎は白ニキビで見た目が酷いので潰しまくって膿を出し、何とか見られても平気な位になりすぐ無くなりますが、鼻は真っ赤に腫れて赤鼻のトナカイ見たいに見え、それが無くなるまで3週間くらいかかり、痕が消えるまでは倍かかりました。

おかげで風邪は治まってもマスクを外せないままで、周囲もいつまで風邪をひいているんだと疑問視してくるようになりました。
それでもあの見た目を晒すならマスクをつけていた方がマシだと感じて、清潔にするため、毎日マスクを交換して皮膚科に通って高い塗り薬を貰ってきました。
マスク代を渋ったおかげで余計お金がかかる大出費になり悪いこと尽くしでした。

そして夏になり、次は背中ミキビに悩まされるようになりました。
子どもをおんぶすることが多いので、きっと蒸れているんだと思います。
仕事があったりでそうそう皮膚科に行くことができないので、背中ニキビにはこちらの専用クリームを試してみようと思います。
⇒⇒⇒背中ニキビ汚い

一重のせいで写真がいつも怖い顔に

昔から一重だったのですが、小学校の高学年あたりから一重が目立つようになりました。子供の頃から顔がむくみやすく毎日朝は顔がパンパンで、そのせいで余計にまぶたははれぼったくなり、時々友達に普通の日であっても「どうしたの?目腫れてるよ?」と言われてショックでした。
一重で目付きがわるいせいで、先生にも反抗的だと思われたり、授業中も「眠そうだな?」とか「寝てないで起きなさい」と言われ、友達からも「怒ってるの?」と聞かれるのはいつものことでした。

特に嫌だったのは、集合写真や卒アルの写真撮影で、どれだけちゃんと目を開いて写ったつもりでも、すべての写真がにらんだような顔をしていました。
もちろんにっこり笑うのがいいとは思うのですが、一重だと笑った時に目が閉じてしまって無くなるのが嫌で笑えませんでした。
というのも、幼なじみの友達から「笑うと目なくなるよねー?!なんでー?」と笑われたのがきっかけで、写真などで笑うのがいやになってしまいました。

それに、笑うと余計に目が細くなる上、顔が横に引っ張られる性で頬は大きく見えるし鼻も横に広がって、顔の欠点が全部さらけ出されるのが嫌なのです。
もともと薄い顔で目鼻立ちがはっきりしないため、笑うと余計に鼻も低くなるし、目もなくなるしで可愛いと思えません。
たとえ目鼻立ちがはっきりしていなくても、目が二重でぱっちりだったら周囲の視線も目にいくので、鼻が低いことや、頬が大きいという他の欠点がカバーできると思うのです。
そんなことを考えているため、写真に写るときはなるべく顎を引いて少しでも目がぱっちりになるように努力するのですが、一重まぶたの水平な肉は強固で、どれだけやっても黒目の上半分が隠れてしまいます。
10代の頃からずっとコンプレックスで、大人になって化粧をするようになってもやはり気になります。
確かにすっぴんよりはマシになりますし、それなりに化粧の研究もして目が大きく見えるメイクや、逆に一重がかっこよく見えるメイクなどいろいろ試しましたが、結果はやはりそれなり、と言ったところです。
このまま一生悩みつづけるの?と思うと整形なんかも考えはじめています。
ちょっと調べたら埋没法というダウンタイムのないバレない二重整形があるようです。しかも外人にたいに平行二重にできるんですって!!
このサイトで詳しく書いてますよ!!⇒埋没法平行二重.com

最寄りの輸入フードショップにて


最近、自宅でカレーを作ったことをきっかけに、近所の輸入フードショップに出向いたときのこと。
そもそも我が家のカレーは、仕上げにココナッツミルクを溶かし入れてシメるのが常だった。
ところがどっこい。
先日に限ってこのココナッツミルクを切らしていたことをつい忘れていて、おーっと最後になってココナッツミルクがないぞ、さあどこなら売っていそうか?ということになったのだ。
因みにこれまでストックしておいたココナッツミルクは、ひとつお隣の街中にある、ちょっと大きめのスーパーで入手したものだった。

カレーを作ったその日。
ココナッツミルク切れに気づいたときにはもう夜だったから、あそこのスーパーに行けば確実にあるだろうけど、そのためには時間的なロスを覚悟しなければならない。
ひと通り買い物を済ませてからココナッツミルクだけをうっかり忘れていたことに気づいた。
さすがに夜になってから時間をかけてあそこのスーパーまで行く気はなかったため、近所でココナッツミルクがありそうなスーパーやお店を当たることに。
別にココナッツミルクがなくてもカレーはできるし、ごはんにかけて普通に食べられるんだけど、最後の仕上げをココナッツミルク仕立てにする味が定着し、慣れてしまってからはやっぱりアレがないとどうもイマイチ食べた気がしないのだ笑。

まずは一番近くのコープあたりから巡ってみた。
あるかなぁー?とあまり期待しないでエスニック料理の材料のコーナーに行ってみると、惜しいことにココナッツミルクの液体バージョンしかなかった。
求めているのは粉のココナッツミルク。パウダーが欲しいのだ。

次に、すぐ近くの輸入料理の調味料関係を取り扱っているらしい、アジア系のお店。
でもこれまでに行ったことがないそのお店が何時までやっているかは不明なので、行き当たりばったり勝負ということになる。
近くまで行ってみると、そのお店がある通りからお店の方を眺めると明かりが灯っておらず、営業してる感じがしなかったので今日この時間はやってないんだなとパスした。

その次は駅前のもう一つの輸入フードショップを当たってみた。
あそこなら大抵、いつも通りかかるときに「やってる感」があるから期待できそうだ。
お店があるのは知っていたけど、入るのは初めてだったのでちょっと新鮮。それにこういうエキゾチックなお店って私はそれなりに好きだった。

ほのかな期待を胸に初めてそこの輸入ショップに入るやいなや、入り口付近にズラリと並ぶはさっそくココナッツミルクの缶。
さっすが輸入屋さん!だけどすべてはコープで見たそれのような、液体タイプのココナッツミルク。
ということで店内の奥の方まで入り込み、ココナッツミルクのパウダーを探し回った。
お店の人がいたから訊けばそれなりに答えてはくれるんだろうなとは思いつつも、初めて来たワクワク感も手伝って敢えて自力で店内を探した。
それでも分からなかったらそのときはお店の人に尋ねよう、と。

こういうお店特有の海外の匂いが濃密に立ち込める店内を感心して眺めながらお店の奥の方へ足を進めると、念願のココナッツミルクパウダーは見つかった。
おおー!ちゃんとあるじゃーん!しかもいつも買っている大きなスーパーにあるものと同じものだったため、値段もほとんど同等の値段で買えてよかった。
こういう輸入モノのお店のことだから、ココナッツミルクがあっても値段が多少高いことを腹括って来ただけに、このノーマルなお値段は嬉しい。
使い慣れているものをこんな近場でこの価格で手に入るなら今度からここで買うことだってできると思うと、それもまた嬉しかった。

家族に思わず「あったよー!」と言いながら帰宅後、カレーの仕上げに買いたてのココナッツミルクを溶かして入れると、やっぱりひと味違ういつもの味に。
あのお店に行ってよかったと思った。